modest violet

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

modest violet

開発者としてのあれこれや、日々の雑記など

your future hasn't written yet. no one's has.
by Emmett Lathrop "Doc" Brown

de:code 2016 の感想

Dev 雑記

f:id:shin21sk:20160526073132p:plain
5/24、25とプリンス パークタワー東京で開催されたマイクロソフトのイベント「de:code 2016」に初参加して来ました。マイクロソフトの有料イベントは今回初参加でしたが、とにかく熱気がすごかったです。受講した各セッションの振り返りはひとまず置いておいて、初参加の反省点と感想を中心に書いてみます。

とにかく人が多い

人!人!!人!!!でした。セッション間の移動が大変で、前のセッションを最後まで聴いていると次のセッションは満席で入れない・・・なーんて状況もしばしば。基調講演が終わった後も凄い人だったので、列がマシになるまで会場に残っていたら、丁度壇上にエバンジェリストの方々が現れたのでそのまま観ていました。数分後、列がマシになったので「じゃあ、セッションに行きましょうか」と移動すると、満員で入場規制・・・。
立ち見もいっぱいで、自分の5人前で締め切られてしまい、思いっきり出鼻をくじいてしまったのでした・・・。

1日目終了後の参加者パーティーも案の定、凄い人で食事を楽しむ・・・という感じでは無かったかな。必死でした・・・w。

そんな感じで人が多くて大変でしたが、裏返せばこれだけ皆注目しているんだな、と考えると身が引き締まる思いです。

移動は迅速に、かつ計画的にが大事だと痛感した次第です。

とにかくマイクロソフトが元気

AppleiPhone人気以降、なんとなく元気が無くなったように見えていたマイクロソフトでしたが、今回のde:codeを体験する限りではそんな心配は過去の物であると認識しました。マイクロソフトの社員がMacでプレゼンしたりであるとか、javaの技術を推したりだとか、基調講演の舞台上で踊るエバンジェリストとか一昔前では本当に考えられません。

何より楽しそうに技術を語ってくれると、こちらもワクワクしてきます。本当にこんな未来が来たら良いなぁと感じ、実現出来るように頑張らないとなぁと。

総評

聴きたかったセッションが聴けなかったり、同時間に魅力あるセッションが被ってしまって頭を悩ませたり…。
でも、楽しかった〜。
開発者というか技術者としてのマインド的な部分が癒された気がします。普段、技術者としてはボッチなので、きっと飢えてるんだろうなぁ。
後日、セッションの資料が公表されるみたいなので、受けられなかったセッション見ないと。脱エクセル方眼紙は生で見たかった…。

de:codeを体験して思ったのは、マイクロソフトは本当に素敵な会社になったなぁ、という事。Microsoft is Backとアメリカの方では昨年記事にされたみたいだけど、本当にそんな印象を受けました。
そして、すきま時間に行ったEXPOで触った「surface book」。マジ良いわ、アレ。本当に欲しい・・・。

来年も行けるように、1年頑張ろうと思いました。