modest violet

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

modest violet

開発者としてのあれこれや、日々の雑記など

your future hasn't written yet. no one's has.
by Emmett Lathrop "Doc" Brown

日本人が苦手なL・Rの発音勉強法

英語の勉強を始めて、まずぶち当たる壁が「L・Rの発音」だと思います。

というか、実際に壁にぶち当たっています。

f:id:shin21sk:20170129234532j:plain
暗殺教室 第3巻 P.172

日本語にはない感覚

カタカナで「ライス」と書いたモノを読んだ場合、発音を変えても日本人には「ライス=米」と認識されます。

でも、実際にはlice(ノミ)とrice(米)という、発音の違いで意味が変わるという問題があるのです。

日本語には、発音が違うことで意味が変わるという特徴がないので、このLRの習得が難しいと言われています。

LとRの発音方法

UDA式のLR聞き分けドリル アプリを購入してヒアリングしていますが、難解です。

UDA式LとRの聞き分けドリル

UDA式LとRの聞き分けドリル

  • PC-EGG Co., Ltd.
  • 教育
  • ¥360

今まで使った事のない神経を使っている感じです。きっと、滑舌の悪い人が言う「さしすせそ」が「たちつてと」に聞こえるというのと似ているのかもしれません。


LとRの発音方法

どうやら、Lの発音方法は「下を歯の上の裏側にあてる」感じ。

Rの発音は、「どこにも舌をつけずに発音する」ようです。

思うんですけど、日本語とか舌の位置を気にして覚えたわけではないですよね。

急に舌の位置を確認して発音しろって言われても、超絶に難しいんですよ。これがまた。

小さい時に英語を勉強するほうが良いよ!と言われるのは、この辺りの理解と言うか習得を「知識」ではなく「感覚」で学びやすいからなのかなと最近思います。

なかなか大人では「感覚」先行で習得するのは難しい。

ひたすら発音とヒアリングあるのみ、なのかなと。

Siriで発音の確認をする

f:id:shin21sk:20170129234409p:plain
http://www.apple.com/jp/ios/siri/

私は、iPhoneのSiriを英語モードにしています。

そして、このL・Rの発音をSiriに向かって話します。

大抵「Light」と言っているつもりでも、「Like」や「Night」と認識されます。

また、「Right」と言っているつもりでも、「Light」と認識されたり。

ただ、数をこなすことでなんとか精度も上がってきました。

「Right」はカタカナで書くと「ぅライトぅ」という感じで発音すると、認識されやすいです。

一人で発音練習をしていても、正解かどうかの判断が難しい場合があります。

発音のチェックとして、Siriに話しかけるというのは効果的だと実感しています。


なかなか、自分の国の言語にない習慣を勉強するのは難しいですが、少しずつモノにしていきたいなと思います。