modest violet

modest violet

開発者としてのあれこれや、日々の雑記など

your future hasn't written yet. no one's has.
by Emmett Lathrop "Doc" Brown

【2018年版】Apple Care+ for iPhone が得する端末損する端末

f:id:shin21sk:20181008225653p:plain

Apple Care+ for iPhone は、言わずと知れたiPhoneの保証を2年間に延長してくれるサービスです。

すべてのiPhoneには、製品購入後1年間のハードウェア製品限定保証と90日間の無償電話サポートがついています。AppleCare+ for iPhoneに加入すると、保証とサポートがiPhoneの購入日から2年間に延長されます。
さらに、過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを、画面の損傷は1回につき3,400円(税別)、そのほかの損傷は1回につき11,800円(税別)のサービス料で2回まで受けることができます。
Appleの専任スペシャリストにチャットまたは電話で優先的に問い合わせることもできます。

AppleCare+ - iPhone - Apple(日本)

ただ、正直言ってお高い。これが3年保証ならまだ納得できるのですが、2年間というのがなんとも。。。

また、購入する機種によっては割高感が半端ないものもあります。これはひとえにApple Care+の金額が固定金額だからです。家電量販店などのように、「購入価格の●%」であれば端末間での相違も少なく損した印象も少なくなるのですが・・・。

  • 得する端末・損する端末
  • 液晶割れだけではないApple Care+の魅力
  • まとめ
続きを読む

auのキッズケータイ「mamorino4」で無料GPS検索はできるのか?

f:id:shin21sk:20180228005857p:plain

auキッズケータイモリーノ4 (mamorino4) が発売されました。auはもうキッズケータイを販売しないんじゃないかと思っていましたが、タッチパネル式の新型を投入してきました。

www.au.com

毎月の月額が安くなっている反面、機能面以外にもmamorino3とは大きく変わっている箇所が散見しています。
mamorino3の感覚で機種変更すると後悔する事もあるかと思いますので、注意してください。

Eメールは使用できない

mamorino4 はEメールが使用できません。これによりEZ WINの月額300円が不要となり、mamorino3よりも月額はお安くなります。ただし、Eメールが使えませんので、Cメール(SMS)での送受信となります。他社携帯からmamorino4にSMSを送ると3円程かかることになるので、au以外の携帯をご使用されている場合は注意が必要です。

居場所通知の検索方法が限定的

個人的にはツラい仕様変更でした。mamorino3は安心ナビに加入していなくても、居場所通知機能で簡易的に居場所を確認することが出来ました。

shin21.hatenablog.com

mamorino4ではこの機能がバッサリと無くなってしまったようです。

mamorino4の現在地を確認する手段

  1. お客さまセンターから
  2. ココセコムのサービスから
  3. 安心ナビの機能から

お客さまセンターに電話することで、おおよその位置特定ができるようです。なかなか不便ですね。mamorino4ではココセコムか安心ナビに加入しないとお手軽にGPSで居場所検索はできなさそうです。

さいごに

mamorino4が発売されたことにより、実質mamorino3は入手困難となっています。やはりGPS検索機能は子供が小さいと何かと重宝します。WINの費用が無くなった分を安心ナビ代と割り切って契約するのも有りだと思います。

プロジェクトマネージャー試験一発合格のノウハウ公開

 プロジェクトマネージャー試験に自分自身が受験して、一発合格を果たした際のノウハウを公開します。人それぞれ勉強法というのがありますので、この通りやれば大丈夫!という訳ではないのですが、何かのキッカケになれば幸いです。

とは言え、本当に特別な事は何もしていません。ことプロジェクトマネージャー試験に関しては良書揃いです。

f:id:shin21sk:20180128142119p:plain

必読!三好康之先生著の情報処理教科書

情報処理教科書 プロジェクトマネージャ 2018年版

情報処理教科書 プロジェクトマネージャ 2018年版

 私の感想として、高度情報処理試験の鬼門は午後1試験だと思っています。
 個人的に午後1試験は、この本さえ読めば大丈夫なんじゃないだろうか・・・と思えるくらい午後試験のノウハウが習得できます。むしろシステムアーキテクトなどその他の試験でもこの本が非常に有効だと感じています。

 最初は何を書いているのか、何を説明しているのかさっぱり分からない箇所も多いと思います。反復して繰り返し読むように心がけます。本が重たいのであれば、Kindle版でもいいですし、裁断してもいいと思います。

 私は過去問を印刷して、ノートに貼り付けて直接書き込んでいました。通勤中に分厚い書籍を読むのは辛いですが、ノートならさほど重たくならないので。

本は徹底的に活用する

 私は、「合格(うか)る技術」という本の中で、書籍を裁断して勉強するという方法を知り、目からウロコでした。

合格る技術

合格る技術

どちらかというと、書籍系は帯まで大事に保管していたい性分で、折り目などもあまりつけたくない派でした。
でも試験対策本の目的はなんでしょう?後生大事に保管することが目的ですか?試験に合格する事が目的です。と言う事は、合格するために持ち運びやすい厚さに本を裁断することも合格への手段ですし、本に思いっきり書き込む事も合格への手段です。徹底的に本を活用するという観点を養えたと思います。

試験対策本は消耗品です。合格を勝ち取るために徹底的に汚していいと思います。

午前1・午前2対策

 午前試験に関しては「過去問のヘビーローテーション」で十分です。予想問題集とかテキストを読み必要性は無いと思います。情報処理試験の午前は4割程度が過去問と同じ問題が出題されます。と言う事は、残り2割を正解すれば合格水準の6割に達する訳です。100点満点を取る必要はなく、6割合格すれば良いだけですので、午前対策は程々にしておいて、午後対策を進める方がいいでしょう。

 過去問は繰り返し解いて、間違った所だけを繰り返し解いていきます。

プロジェクトマネージャ 午前 試験問題集 (合格精選500題)

プロジェクトマネージャ 午前 試験問題集 (合格精選500題)

ちなみに私は少し古い本ですが、この本を繰り返し解いていました。

プロジェクトマネジメントのイメージを掴む

 普段業務でマネージメントをしている方でもなかなか難しいのがこの試験です。実際の業務と試験で求められる内容が乖離している箇所も多いからじゃないかなぁと思う訳です。イメージを掴むために、私は漫画でイメージを掴みました。

マンガでわかるプロジェクトマネジメント

マンガでわかるプロジェクトマネジメント

午後2対策

 論文対策です。苦手な人も多いのではないのでしょうか。まず大前提としまして、「自分自身が経験した内容」を書く必要はありません。脚色してもいいですし、妄想でもOKです。(地に足の着いた妄想ですが・・・)
 プロジェクトマネージャーにはプロジェクトマネージャーの、システムアーキテクトにはシステムアーキテクトの観点と着地点があります。同じお題でも求められる箇所が違ってきています。この辺りの視点を説明してくれている書籍が、こちら。

情報処理教科書 高度試験午後?論述 春期・秋期

情報処理教科書 高度試験午後?論述 春期・秋期

 この本を読んで、視点の捉え方を学ぶことが出来ました。書籍などでは「実際に原稿用紙に書いて感覚を養う」とありますが、私はWordに書いていました。午後2は自分の中で定型フォーマットを作ってしまうのが一番だと思います。あとはいかにそこに当てはめていくか、という鍛錬を繰り返す事となります。

終わりに

 情報処理試験は取得していても、資格がないと出来ない業務があるわけでもなく、日常業務にもあまり関係ない事が多く軽視されがちです。ただ、自己の自信とスキルアップの向上には最適な試験だと思います。これから受験される方のお役に立てれば幸いです。


 

 

小学生がプログラミングを習う必要性はあるのか

f:id:shin21sk:20170930232215p:plain

答えのない議題ですが、本屋さんに行っても「小学生からプログラミングをしよう!」という書籍がコーナーとして作られているなど、小学生からプログラムは必須的な風潮になりつつあります。私の生業でもありますので、大いに賛成でもありますし、あんまり意味ないよな・・・という想いが強いのです。少々偏見が入りますが、おそらく日本の英語教育と同じ状態になると思うのですよ。つまり、「大人になっても役に立たない」

役に立たないと思う理由

まず、圧倒的に思い浮かぶ理由は、必然性の高いスキルではないから。英語のほうが何倍も必要性が高いと思いますし、今後はより一掃高くなると思います。プログラミングが仮に読めたとしても、日常生活で役立つことなんか何もないんです。穿った見方をする人間が多くなるだけです。偏見ですが。

教えられる人間がいない(少ない)

子供向け用のプログラミングが最近流行っていますが、あの辺りを教えるのは誰が教えるのでしょうか。余裕のある私学ならまだしも予算の少ない国公立とかなら、先生方が頑張るのでしょうか・・・?今ひとつ、何故プログラミングを習わせるのか?という観点がわからないんですよね。

もちろんキッカケとなってくれれば嬉しい

小学生からプログラミングを始めることによって、それが生涯の仕事になってくれる子供が増えるのは嬉しい限りです。ただ、本当に幸せか・・・という、この業界ならではの暗雲込める先のビジョンに諸手を挙げて喜べる自分がいないのも事実なわけで・・・。ただ、デベロッパーハピネスを日々祈りながら過ごしてはいるので、小学生からプログラミングが始まることによって、業界自体が幸せな未来に変わっていけば良いなぁと期待しています。

【書評】世界No1プレゼン術〜聴いてもらう人にハッピーな未来が訪れる

 プレゼンテーションの神と称されるマイクロソフト社の澤 円(さわ まどか)さんが、この度自身の極意とも言えるプレゼンテーション本を出版されました。

今回出版された本

世界№1プレゼン術

世界№1プレゼン術

澤円さん関連記事

next.rikunabi.com

 なかなか個性が爆発している面立ちの澤円さん。自身のプレゼンテーションの中でも「サラリーマンにみえない」といったフレーズでアイスブレイクのネタにもされているようです。

 実際に私も生でプレゼンテーションを拝聴する機会があったのですが、それ以来すっかりファンとなりました。澤円さんのプレゼンテーションは何処が魅力的なのか?それは聴いた側の人間に共感を与えてくれるポイントが多い事だと思います。

 早速、書籍を購入して読んだ感想をまとめてみます。

ハッピーな未来が訪れるという伝え方を

 プレゼンテーションというと、「誰かに目的のものを説明する」というイメージが強いです。画面で映している資料を紙でも配布して、それをそのまま読んで説明しているというプレゼンも多く見受けられます。これでは駄目だと書籍のなかで語られています。まず、プレゼンを聴いてもらう人たちに「共感」してもらわないといけないというのです。共感を持って話をきいてもらう事で、プレゼンの内容から何かしらのアクションを起こそうという気になります。そして聴いた内容を他人に言いふらしたくなる。つまりは、「相手にとってどんなハッピーが訪れるのか」という点を意識して話を進めなくてはいけない、と語られています。
 これは「言うは易く行うは難し」で、ひたすらに練習を繰り返して、少しずつ身につけていく技術だと私は思います。まず「人をハッピーにする」という事は「自分がハッピー」でなくてはいけない訳です。毎日が疲れ切った営業マンには酷な状態かもしれませんし、プレゼンに不慣れな初心者にはまず高いハードルです。ハッピーとかそんな次元の話ではなく、うまく話せるかとか、間違ったらどうしようとか、不安でいっぱいなんです。原稿を丸暗記しようと必死になったりするケースも多く見受けられます。ただ、おしゃべりの技術は大事ではないと仰られています。私自身もよくやる失敗ですが、話す内容が多すぎて最終的に「何が言いたいの?」という状態に陥ります。これは目指すべき目標(羅針盤)がしっかりしていないからこそ、起こりうる失敗であったと書籍を読んで痛感しました。いかなる時も目指すべき目標は「聴いてもらう人にハッピーな未来が訪れるという、ワクワクした思いを抱いてもらう事であると学びました。

立場によって考え方の視点が異なる事を意識する

 頭では理解していてもよく忘れがちになるのが、立場によってかわる物事の「感じ方」「受け止め方」です。プレゼンテーションを聴く側の人達はそれぞれ目的や思想があります。当然、話す側も分かって入るのですが、自分の中の考え方や常識で話を進めてしまうという落とし穴に陥りやすい訳です。書籍の中でエレベータを例にされていたのが大変秀逸だなと思いました。エレベータはドアの中と外では数センチの差しかありません。ですが中にいる人はドアが開くと、早く出発してほしいので「早く閉まれ」と思います。逆にこれから乗ろうとしている人は「閉まるな!」と真逆の考え方をする訳です。
 これは普段の会話でも非常に有効で、自分の考え方に固執していると立場の違う人達と衝突してしまいます。逆に、この人の立場で考えるとどう映っているんだろうと「相手の立場になって考える」と見えてくることもあります。相手の立場になって考えるという事がプレゼンテーションには必要不可欠であると再認識しました。

心に残るエンディングを

 プレゼンテーションの最後を締めくくる際にも、徹底してこだわります。終わり良ければ全て良しとは少し違いますが、終わりの印象が悪いと総評も悪くなりがちです。現に私は2017年度のMicrosoft de:codeで澤さんのプレゼンを拝聴し、最後のフレーズ「わたしたちはテクノロジで人の幸せを創るためにここにいるのですから」が強くこころに染み渡りました。

 長い間忘れ去っていた感情を思い出させて貰えたと同時に、大変救われた気持ちでいっぱいです。あの最後のフレーズがあったからこそ、澤さんのプレゼンテーションの内容を色濃く記憶に留めていることが出来ていると思います。「プレゼントは、時間と空間を共有する」まさに一期一会の精神です。聴いてもらう人にハッピーな未来が訪れるという想いを持ってもらうためにも、「心に残るエンディング」をしっかり準備しないと駄目だと感じました。

最後に

 本の一部のフレーズに対して自分の感想なりを述べさせて頂きましたが、まだまだ素晴らしい考え方が満載です。この本は長く手元においておきたいと考えて今回はKindle版ではなく書籍で購入しましたが、紙質も良くさわり心地も良いです。

書籍版

マイクロソフト伝説マネジャーの 世界№1プレゼン術

マイクロソフト伝説マネジャーの 世界№1プレゼン術

関連書籍

 プレゼンテーションのみならず、何かしら人間関係に疲れたなーとか、仕事が嫌だなーとかいう時にも効果はあると思います。結構メンタル的な部分の見直しでも澤さんの考え方は私を助けてくれています。プレゼンテーションをする・しないに限らず一度は読んでみて欲しいなぁと思う一冊です。ブロガーさんにもお勧めできる本だと私は思います。何故ならブロガーさんの多くが「自分の知識が誰かの役に立てばうれしい」という具合に、人をハッピーにする為に記事を書かれていると思うからです。といいつつ、私が既に澤さんの書籍を読んで、共感した末、アクションを起こしたくなり、内容を他人に言いふらしたくなるといった「澤さんのプレゼン大成功!」にまんまとハマっているんですけどね!