modest violet

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

modest violet

開発者としてのあれこれや、日々の雑記など

your future hasn't written yet. no one's has.
by Emmett Lathrop "Doc" Brown

【感謝】ブログを開設して1年が経ちました

雑記

f:id:shin21sk:20170127011324p:plain

早いもので、ブログを開設して丁度1年が経ちました。ひとえにポチッとスターを押してくれる皆様のお陰で続けられたのだと思っております。本当にありがとうございます。



記念すべき初投稿。何のひねりもない。
shin21.hatenablog.com

軽くこの1年を振り返ります!

開設初期時の試行錯誤

ブログを開設したら、誰でも試行錯誤しますよね。私の場合、はてなブログProを最初から契約しました。

「お金を払ってるんだから、キチンとやらないと!」

はい、まさに背水の陣です。

shin21.hatenablog.com


アドセンスにも苦労させられました。諦めた頃にOKやで、と通知が来る当たり、GoogleさんはなかなかのSかと。

shin21.hatenablog.com

アクセス急増!でもその日だけw

2016年の5月にパナマ文書って話題になりましたよね。

自分で検索してみて、さっぱり判らなかったから、即興で記事に起こしました。

shin21.hatenablog.com

すると、予想を遥かに超えたアクセス数でびっくり。

でも、直帰率も高く、「意味がないな・・・」と思えたので、割りと早い内にアクセス数至上主義を捨てることが出来て良かったと思います。

ちなみに、未だにこの日の記録は塗り替えられていません。。。

むしろ、程遠い・・・。

de:code 2016 の恩恵

初のde:code参加の感想を連々と書き連ねました。本当に刺激的なイベントでした。

くすぶっていた技術者魂に火がついたとでも言うのでしょうか。

shin21.hatenablog.com


その後、ウォーターフォールに関しての意見なんぞも。ウォーターフォール歴長いので。

shin21.hatenablog.com

shin21.hatenablog.com

停滞期

資格試験の勉強に集中するという言い訳ということで、ブログの更新を疎かにしていた時期もありました。

心の片隅では「ああ、書きたい内容があるぞ!」と思っていても手が動かない。

完全な停滞期でした。

しかも落ちたしw 今年も受けますけどね!
shin21.hatenablog.com

予想とは裏腹に人気のなかった記事

割りと自分ではいい記事書けたかも!と思っていても、反応が薄いこともしばしばありました。

初期は一喜一憂していましたが、人間慣れるもんですね。

反応が薄かった時は、「そっか、これはおよびではないのだな・・・」と思い直し、次に活かすようにしています。

shin21.hatenablog.com

shin21.hatenablog.com

shin21.hatenablog.com

shin21.hatenablog.com

shin21.hatenablog.com

shin21.hatenablog.com

The Next One Year

技術ブログのはずが、気がつけば雑記帳と化している気がしてなりません。

ただ、無理に背伸びして書いても長続きしないので、マイペースに細々と続けていければな、と思います。

今後ともよろしくお願いします。

f:id:shin21sk:20170127011400p:plain

Microsoft Access の復権

Dev Azure

Azure SQLデータベースを利用している時に、「オンプレミス側のSQL Serverと結合してビューを表示したいなぁ」と思うことがありました。

ただ、SQL Server Management Studio では出来ません。

C#ならEntity Framework なりで値を取ってきて、LINQで結合という荒業も出来ますが、簡単ではありません。

手軽に、さっとデータを見たい訳なんです。


そして、ふと思い出しました。


『そうだ!MicrosoftにはAccessがあるじゃないか!!!』

できるAccessパーフェクトブック 困った!&便利ワザ大全 2016/2013対応 できるシリーズ

できるAccessパーフェクトブック 困った!&便利ワザ大全 2016/2013対応 できるシリーズ



結果としては、まさにビンゴ!

ODBCでAzure側とオンプレ側を指定すれば、いともたやすくデータを結合する事ができました。

データの移行とかも簡単に出来ます。


最近はAccessをあまり使わなくなっていたんですが、ここに来てAccessの復権というかなんというか。

昔から便利だとは思っていましたが、やはりAccessは素晴らしい。

2017年こそスタイリッシュに手帳を扱える大人でありたい

雑記

うん、よく分からないタイトルですね。

私は手帳というものを長く使えません。

既に2016年も惨敗しています。

shin21.hatenablog.com

この記事の中では、「下半期頑張るぞ!」と息巻いていますが、使われずに終わりました・・・。

正直、スマホのカレンダーで十分

いや、本当に。

Googleカレンダー、ガチで最強だと思ってます。

Gmailのメール内容から自動的にスケジュール登録してくれたり、リマインダー機能も優秀だし。

そもそも、ブログを書いているから日記も付ける必要ないし。

会議の場とかで困る

困るのは会議とか、客先ですね。

何もださないと、やる気がない的な扱いを受けてしまいます。

メモなんて、紙の裏に書けるじゃないか・・・と思うのですが。

何度か、A4ノートなんかで代用していたんですが、かさばるので長続きしませんでした。

もう、全てにおいて駄目だな。手帳とか持てる性格じゃないわ・・・と開き直っていたんです。

トラベラーズノートとの出会い

そんな折、一つの記事を読みました。

www.bibolog.net

これだ!

これしかない!!

思い立ったら即実行がモットーですので、その日のうちにゲットしました。

色々と悩んだ挙句、「パスポートサイズ」を選択。大きいのはかさばるので、長続きしないかな・・・と。

思ってた以上に、革のいい香りがします。

愛着を持つことが長続きの秘訣なのかもしれませんね。

今年こそは、今年こそは!!

スタイリッシュに手帳を扱える大人でありたい!なりたい!!と思います。

好きな言葉「1 pixel line makes all the difference // 1ピクセルの線がすべてを変える」

好きな言葉

f:id:shin21sk:20170125001147p:plain

私は、普段自分の好きな言葉を目の届くところに置いていたり、書いていたりします。

それは自分を鼓舞するためでもあり、戒めるためでもあり・・・。

そんな言葉が結構溜まってきたので、少しずつ書いていこうと思います。

今日は、「1 pixel line makes all the difference // 1ピクセルの線がすべてを変える」です。

そもそもの出典は不明ですが、数年ほど前に下記のサイトで見かけて、一発で気に入りました。

www.webcreatorbox.com

ピクセルとは

ピクセル(英: pixel)、または画素とは、コンピュータで画像を扱うときの、色情報(色調や階調)を持つ最小単位、最小要素。しばしばピクセルと同一の言葉として使われるドットとは、後者が単なる物理的な点情報であることで区別される。例えばディスプレイにおいて320×240ピクセルの画像を100%表示すれば320×240ドットとなるが、200%表示ならば640×480ドットとなる。

出典:Wikipedia

ここで言うと「ドット」の事ですね。ドットの線の事です。たった1ピクセルの横線や縦線で、ガラリと雰囲気が変わるのです。

魅せられた理由

大体の人に、1ピクセル単位であーだこーだ言うと、「細かい所にこだわって・・・」という顔をされます。

いやいやいや、大事ですよ!?

ピクセルの線を引くか引かないかで、印象というのは結構変わってきます。

微に入り細を穿つと言いますが、「普段から細かい箇所を注視しておく事により、大きなミスを防ぐことが出来る」訳です。

そんな精神を端的に表す言葉として、また職人っぽい響きも相重なって、この言葉に魅せられているわけです。

とことんこだわる

何でもそうですが、こだわりを持つことは大切です。

言われたままの仕事をして、何が楽しいのか私には分かりません。必ず自分のオリジナリティーを付け足す工夫をしています。

もちろん、そういったオリジナリティーを追加する事が出来る職種というのは限られているわけで、全てこの通りには行かないとは思います。

でも、スーパーで品出しをする際にも「こだわり」を持つことは可能ですし、工場で物を作る際も自分なりのこだわりを持つことも出来ると思います。

こだわって、こだわって、こだわる事が自分を高めていける術だと思うんですね。

こだわるためには、どうするか。

そう、「これでもか、これでもか」と飽くなき探究心と共に、細かい箇所を突き詰めていく訳です。

1ピクセルの線がすべてを変える

大げさな言葉かもしれません。でも、「小さな事からコツコツと」の精神なんです。

小さなことでも、全体として見たときに思いもよらないインパクトを与える。

そんな色々なエッセンスが詰まったこの言葉。

今日も私を勇気づけてくれます。

【雑記】何故日本ではAppleのCarPlayが普及しないのか

雑記

www.apple.com

Appleの「Car Play」がいまいち普及しないなーと。

2014年の3月に発表以来、もうじき3年近くたとうとしています。

日本人のiPhone所有率は約7割で圧倒的、アメリカよりもシェア率は良いわけです。

なのに、そのiPhoneを手軽に車とペアリングできるCar Playがいつまで経っても普及しない。

というか、メーカーから対応されない。

2017.01 時点の対応メーカー

www.apple.com

一部車種のみとか何故に!と言いたい。

そもそも車のナビって高すぎない?

画面も小さいし、TV機能やナビが付いていても20万オーバーって今の時代には高すぎる気がするんですよね。

何らかの圧力でもかかっているのか・・・。

とにかくCarPlayが普及して欲しい。

とめどない、雑記でした。